冷めきったカレーはヒグラシと共に

「ハイボール」は好き?嫌い?さまざまあるかもだけど、必ずしも悪いもんじゃない気がする、「水」は。そう感じない?

サイトカテゴリ

天気の良い金曜の早朝はお菓子作り

鹿児島の高齢の奥さんは、日ごとに、草花を霊前にあげているから、その分、切り花が多量に必要で、花の生産農家も多数いる。
夜半、バイクで疾走していると、菊の為のの明かりがしばしば夜半、バイクで疾走していると、菊の為のの明かりがしばしば目につく。
建物の照明は非常に少ないかたいなかだけど、しかし、菊の為のライトはしょっちゅう目にとびこむ。
電照菊ライトはちょくちょく目についても人通りはとてもほんの少しで街灯のライトもとっても少なく、警戒が必要なので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている子ばかりだ。

雨が上がった水曜の昼に椅子に座る
待ち合わせの暇つぶしに、星の王子様ミュージアムに入ってから、芸術鑑賞に虜にされている。
びっくりしたのは、単独でじっくり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、イベントがすごくそれからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、企画展がとてもあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の展示がたくさん。
その方は、あの週刊新潮の表紙絵を担当していた人だ。
その他、栃木県にある、竹久夢二の美術館で、凄い量のポスターを買った経験も。
今でも、絵には常に魅力的な空間を貰っている。

蒸し暑い日曜の明け方は昔を懐かしむ

タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもどこに入っても美味しいコーヒーを飲める。
もちろん、部屋でインスタントを入れても楽しめるし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が気に入っているのがスタバだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのは、タバコの苦手な私にはポイントだ。
そのことから、コーヒーの香りをより楽しめる。
価格も安くはないが、最高の豆が使われているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーと一緒に、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

気どりながら踊る妹と公園の噴水
友達と前から会う約束していた。
福岡のいつも通りの大きめのテレビ画面の前。
待っていると、30分くらい遅くなるとメールがきた。
テレビ前は待ち合わせ場所なので、待ち人も次々に去っていく。
携帯で曲を聴きながら、人の流れをぼーっと見ていた。
それでもくたびれてたまに行くカフェに入り、レモンティーを飲んでいた。
しばらくして、友人が遅くなってごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

どしゃ降りの金曜の朝に昔を思い出す

「嫌われ松の子一生」という題名のTBSドラマが放送されていましたが、欠かさなかった方も多かったと思います。
私はというと、テレビは見なかったけれど、中谷美紀さん主役で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが不幸な立場にいながらも、幸せに暮らしています。
松子以外から見れば、幸せでないかもしれないけれど夢を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
という、意味の分からない状態に陥っていた悩みを抱えていた私は松子を見ていると、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、見てみてください。
主演の、中谷美紀さんは、教師を演じても、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

夢中で泳ぐ彼とあられ雲
北方謙三さんが書いた水滸伝の血が通っていて雄々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に現実の人の様な弱さがうかんでくるのもそして、没頭し読んでいたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に極力奮闘しているのが読みあさっていて熱中する。
読破していて楽しい。
それでも、ひきつけられるキャラクターがひどいめにあったり、夢がなくなっていく流れも胸にひびくものがあるからひきつけられる歴史小説だ。

陽の見えない祝日の日没は立ちっぱなしで

ある日、宮古島まで仕事に向かった。
当然めちゃくちゃあつい!
薄いカットソーの上から、スーツの上着。
汗だくになりすぎて、スーツの背広は凄い事に。
ビジネスホテルに入って、仕方なくボディーシャンプーで綺麗にした。
次の日着るとその上着はイチゴの香りが続いた。
上着がボロくなあるのではないかと心配したけれど、何が何でも洗いたいと心に決めていた。

余裕で吠える母さんと飛行機雲
友達の恋人であるSさんの働く食品会社で、定期的に梅干しをお願いしている。
アルコールが入ると電話をかけてくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんという男性は、ほとんどトークがかみ合わない。
ノンアルコールの時のE君は、非常に照れ屋らしくあまり多くは話さない。
したがって、私はE君とは話したと言えるくらいコミュニケーションをとったことがない。

風の無い木曜の晩はシャワーを

かなり昔、体の調子があまり良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の具合が良くなかったので、シミが多発した。
改めようと思って、食生活を送り、美容に役立つ事をやろうとリサーチした。
すると勧められたのが、アセロラジュースだ。
現在でも毎朝飲んでいる。
レモンよりもビタミンCがたくさん入っているらしい。
ヘルシーとビューティーは結局フルーツから出来上がるのかもしれない。

雹が降った大安の夜明けにゆっくりと
慢性冷え性にかかってからは、わずかにヘビーだけれど、やっぱり寒い季節がマストだ。
空気が乾燥しているので、カラリとした匂い、それに加えて暖房器具の心地よさ。
寒い時期の日差しって優雅な気分にしてくれるし、一眼レフを持って、夕方の浜辺もいい感じ。
季節感は、一眼レフもGOODだけれどトイでバリバリシャッターを押しまくるのがお洒落で味のある写真が見つかる。